いのちのだし。身近な食材で身体が喜ぶ出汁。

料理人、ヒロです。(^_^)/~~

健康寿命に完璧なだし!

料理人の丁寧な作り方。

穀物、野菜の食材、植物性。
今回は、干しまいたけ、
干ししいたけ、きくらげ
黒豆、六条大麦、昆布等など。

残り野菜の皮やヘタ。

例えばしょうがの皮でも
抜群ですね!

ゆっくり、ゆらゆらとだしを引く
時間もたまには良いものですよ。
(^_^)/~~

本格的なだしというと
ハードルが高く感じますが・・・

本来、だしは身近の食材で
充分美味しい出汁ができます。

だし=出る汁です。。(笑)

そう思うと、
上質な野菜の皮や、干した野菜
穀物などなど。

実は、たくさんあるのですよね。

日本にしかない言葉、だしを引く。

そもそもが、
日本料理は引き算の料理です。

たまには、
自分流の『だしをひく』時間も
無心になれて良いかもしれませんね。
~(^_^ゞ

ストックしておくと、
それこそ忙しい時、即席の味噌汁
などのお湯を差す代わりに
出汁を使っても抜群です。

僕も利用していて、身体にも優しい。

また、気持ち的にも安心します。

正直、インスタントの
スープやカップ麺など
汁が濃すぎて最後まで飲めない。。笑

でも、
この植物性だしは全部飲める。。
身になっている感じがすごくします。
^/^

とてもシンプルなだし。

ぜひ、ご覧くださいませ。(^_^)

🍃下記の動画は
ダイジェストのショート動画です。

全動画をご覧いただける方は・・・

You Tube動画で

【季節の料理 花いかだの時間】
検索してくださいね。(^_^)

よろしくお願いします。🌿