蕎麦 料理 秩父花いかだ「今年も梅煮」

 

 こんにちは!
【花いかだ】料理人のヒロです!🌿

今年も変わらず、『梅仕事』です。
はっきり言って、この『梅煮』、最近では、時間や手間もかかるので
なかなか、料理人でも作る人はいないかもしれません

シンプルなのだけど、例えば『黒豆煮』と『梅煮』が上手にできると、
ある意味、いわゆる日本の『煮物』のコツも上手くいっちゃいます。ある意味ね。(笑)

もし、まだ梅が手に入って、作りたいと言う🍃”すごい”方(笑)がいらっしゃいましたら
ぜひ、作ってみてくださいね。!

質問がありましたら、🍃『花いかだ LINE』でもお気軽にどうぞ。!

去年はとても実りが悪く『ちがい(不作)』でしたが・・・・・
今年はまずまず、、なのかな。??
でも、毎年何があっても作るのが、梅煮、逆に ”煮梅”とも言う。(笑)

ただ難点がひとつ。。作り方が超繊細なのです。(^^;
というか、覚悟がいります。
たぶん、昨今は料理屋さんでも自家製で作らないかもしれません。

でもね、この時節に『梅煮』を作っておけば
今夏(夏中)のまたとないお茶受けとなり、
涼やかで汗引く思いのものです。

さて、まずは材料の選び方は。?

🍃大きい梅は避けます。中梅が可愛くていいです。
使う容器はすべて「金け(金物)」を避けて。(酸だからね)
細~く、削った竹串で小穴を10箇所あけます。

その後特徴的なのは、🍃塩水に3日間!! つけます。


なぜか。?

梅を、皮を破かずに茹でるのは、かな~り難しくどんなに気を付けても、
かなりの数は傷物になります。(^^;

あとはね、味するものが、また口当たりかな。?
が、しまるというか・・・さっぱりとするのかな。!?

なぜか。?

とある師匠が
そんなことを調べようとしたら、生命がなくなる。(笑)
知っていることは、最初に塩漬けして、あとは川の水にさらすのさ。」

だって。(笑)

でも、このやり方は、ほぼ皮も破れず成功するし、10kg、15kg作れます。
この時期に作っておけば、秋まで食べられるのです。(糖度をあげればね)
🍃『おもてなし』にも最適、また梅は身体にも良いですよね。

ただひとつだけ難点が、、、
根気がいります。(笑)

🍃材料(作りやすい分量)

梅・・・・・・・3kg

塩水
{塩・・・・・・約300g}
{水・・・・・・約3L}

みつ
{白ざらめ・・・約1500~2000g}
{水・・・・・・約3L}🍃

🍃作り方🍃

①  梅を水洗いヘタを除く。

②  塩水を煮立て、ホーロー容器で冷ます。

③  竹串を細~く削り、約10箇所ぐらい刺し(種子に当たるまで)
   ②の塩水に入れていく。

④  3日間、塩水につける。

⑤  ④を細~流水で1日さらす。

⑥  ⑤をたっぷりの水で茹でる。途中で試食して仲間で柔らかくなるまでを
   限度とする。

⑦  ⑥を再び流水でさらす。冷えたら味見をして、納得感を限度とする。

⑧  白ざらめを分量の水で煮溶かし、冷ましてからそっと移す。

⑨  みつの中で静かに煮る。(20~30分程)

⑩  梅を、消毒した瓶等、容器で保存する。

あ~、長かった。。(笑)

🌟残ったみつは煮詰めて、ドレッシング等に利用できます。
この、『みつ』を作るために毎年作っている・・・と言っても過言ではない。(笑)

以上、梅煮の作り方でした。(^^)/

🍃家庭料理研究家の草分け的な第一人者 辰巳芳子さん。
花いかだの醤油蔵の当主さんとも古くからの知人。

https://www.tatsumiyoshiko.com/